リスティング

リスティング広告でのA/Bテストの必要性

リスティング広告でのA/Bテストの必要性

リスティング広告は、Webマーケティング戦略において重要な役割を果たしています。

そして、広告の効果を最大化するためには、様々な項目をA/Bテストを活用しブラッシュアップさせていく必要があります

この記事では、リスティング広告のA/Bテストについて詳しく解説します。

FFC広告代行は多数のご相談に対応!一例を挙げます。

【ご相談内容】
製粉会社からのご相談。
新商品の発売にあたってSNS広告を相談できる会社を探している。

【現状・過去の施策】
・何もしていない

【ゴール】
商品の認知度拡大

リスティング広告におけるA/Bテストとは?

リスティング広告は、ユーザーが特定のキーワードを検索した際に、関連する広告が表示される仕組みです。

これは、ユーザーの検索意図に基づいた広告表示であり、そのためユーザーの関心度が高く、広告効果が期待できます。

一方、A/Bテストは、2つの異なるバージョン(AとB)を比較し、どちらがより良いパフォーマンスを示すかを検証する手法です。

これにより、広告の改善点を見つけ出し、広告効果を最大化することが可能となります

では、具体的にリスティング広告では、何をA/Bテストして改善をしていくのかを紹介していきます。

リスティング広告におけるA/Bテストの要素

リスティング広告を運用する上で、自社が取り扱っている商品やサービスの販売やお問合せなどが成果ポイントになることが多いと思います。

そして、その商品やサービスをどのようにアピールをすればより多くの成果があげられるか、ここがA/Bテストで比較する要素となります

リスティング広告は、検索ユーザー側からすれば、キーワードを入力して広告文をみて、気になる広告をクリックしてLPに到達します。

その際にどのような広告文であればクリックを得られやすいか、またどんなLPであれば購入や問い合わせをしようと思ってもらえるのかが重要となります。

広告主側が魅力と思って作成した広告の訴求が、検索ユーザーには刺さっていないこともあります。

逆に訴求内容によっては今以上のクリックが得られる場合もあります。

広告をクリックして遷移したLPも、ファーストビューの内容次第で成果に差が生じることもあります。

以下、各要素の詳細です。

広告見出し文(Title)

検索画面で一番目立つ訴求箇所が広告見出し文です。

検索ユーザーが最初に目にする部分であり、そのためユーザーの関心を引くことが重要です。

異なる訴求ポイントを持つタイトルを複数作成し、どちらがクリック率を向上させるかを比較します

例えば、「送料無料」や「限定セール」など、ユーザーの関心を引くフレーズを用いると良いでしょう。

広告説明文(Description)

広告説明文は、広告見出し分の下に表示される見出しの詳細説明をする箇所です。

説明文も、ユーザーが広告をクリックするかどうかを判断する重要な要素です。

自社の強みや特典を伝える広告文を複数作成し、クリック率を比較します

具体的な商品の特徴や、他社との差別化ポイントを明確に伝えることが重要です。

リンク先LP (Landing Page)

ユーザーが広告をクリックした後に表示されるページ(LP)も重要な要素です。

LPは、広告の訴求を具体的な行動(購入、問い合わせ等)につなげる役割を果たします。

そのため、LPのデザインやコンテンツ、ユーザビリティは広告の成果に大きく影響します。

LPを詳細ページとキャンペーンページで複数作成し、コンバージョン率を比較します

また、ファーストビューの訴求内容を複数作成し、同様にコンバージョン率を比較することもあります

入札設定

リスティング広告は、クリックされるごとに課金される仕組みです。

広告表示させるためには、オークションに勝たなければなりません。

入札設定もオークションに影響を与える要素のひとつとなり、様々な入札方法が準備され比較することができます。

どの入札方法にするかで、配信結果も変わってきます。

入札設定によって変わってくる数値は、広告表示回数やクリック率、広告のクリック単価、コンバージョンと全体の成果に影響を及ぼします

A/Bテストの実施方法

各要素ごとに異なるバリエーションを作成します。

例えば、タイトルは「送料無料」対「限定セール」、広告文は「品質保証」対「安心のサポート」、LPは「商品詳細ページ」対「キャンペーンページ」など、異なるアプローチを試すことができます。

テストグループとコントロールグループを設定し、広告を出稿します。

テストグループは新しいバリエーション、コントロールグループは現行のバリエーションを使用します。

一定期間(通常は数週間)テストを実施し、結果を比較します。

この期間は、統計的に有意な結果を得るために必要な期間です。

クリック率、コンバージョン率などの指標を評価し、最適な広告を選定します

A/Bテスト実施の注意点としては、一度に複数の変更をしないということです。

変更する要素が多い場合、どの要素が変化に寄与しているか特定できません。

また、A/Bテストは基本的に同じ期間で実施します。

期間がずれた状態でのA/Bテストは外的要因による影響を受けてしまうこともあるため、前提条件を揃えたうえで実施しましょう

まとめ

リスティング広告のA/Bテストは、効果的な広告を作成するための重要な手法です。

タイトル、広告文、リンク先LP、入札設定の最適化を行い、ユーザーの反応を最大化しましょう。

これにより、広告のパフォーマンスを向上させることが可能となります。

また、A/Bテストは一度きりのものではなく、常に新しいバリエーションを試し、改善を続けることが重要です。

この繰り返しを行うことで、広告の品質を高め、リスティング広告の効率を改善することができます。

    FFCメルマガ登録




    • 不定期配信です

    • ご登録情報は原則メールマガジン配信のみに利用いたします

    • いたずら・虚偽情報など、弊社が不適当と判断したご登録は解除する場合がございます

    【ブログ村】
    にほんブログ村 ネットブログ ネット広告・ネットマーケティングへ
    にほんブログ村
    【人気ブログランキング】
    ネット広告・マーケティングランキング
    ネット広告・マーケティングランキング